「不妊症の情報サイト」は、病院で治らない、原因不明と言われた不妊症・排卵障害・卵管障害・キャッチアップ障害・黄体機能不全・不育症などを中心とした情報を提供する、鍼灸院運営の情報サイトです。

不妊症の情報サイト

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス: 阪急電鉄六甲駅より徒歩2分 

当サイトへのご質問・お問合せや
ご予約はこちら

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

不妊症改善のためのウォーキング・ランニング

ゴールデンウィークは通常通り診察致します

不妊症改善のためのウォーキング・ランニング

妊娠しやすい体をつくるためには、有酸素運動を取り入れると良いと言われています。

有酸素運動にもいろいろありますが、不妊症改善が目的の場合はウォーキングやランニングがオススメです。 

ウォーキング・ランニングをすると全身の血行が良くなります。血液が各臓器に行き渡ることは体にとってとても大事なことです。

不妊症の方の場合では、特に脳・子宮・卵巣の血流がよくなることで不妊症の改善が期待できます。 

血流が良くなると子宮や卵巣の状態が良くなります。そして運動することはストレス発散にもつながるため、こころを穏やかに保つことができます。

このように体が喜ぶことがいくつも連鎖的に起きるので、その結果妊娠しやすい体を作ることができます。 

不妊症を治すためには、不妊症改善のために良いと言われる習慣を取り入れることが大切です。このページでは、不妊症を治したい方のために、不妊症改善のためのウォーキング・ランニングについて詳しく説明しております。 

 

【目次】

  1. 不妊症改善にウォーキング・ランニングがいい理由
  2. ウォーキング・ランニングをより効果的にする方法
  3. ウォーキング・ランニングをする時の注意点

1.不妊症改善にウォーキング・ランニングがいい理由

不妊症改善にウォーキング・ランニングがいい理由は、その手軽さと血流改善による全身への良い影響です。 

1質の良い卵子が増える

運動により血行が良くなると、卵巣への血液量も増えます。卵巣の状態が良くなれば、良い卵子が排出される機会が増えます。 

2子宮の状態が良くなる

卵巣と同様に血行が良くなると、子宮への血流も良くなります。子宮の状態が良くなれば子宮内膜が厚くなり、卵子が着床しやすくなります。 

3ホルモンの分泌が良くなる

血行が良くなると、血液の循環がスムーズになります。各臓器に潤沢に血液が送られることでホルモンの分泌が促され、ホルモンバランスも整っていきます。 

4)ストレス発散になる

子供を望んでもできないという状況はかなりのストレスです。ストレスが溜まると、女性ホルモンの分泌を妨げたり、自律神経が乱れたりしてしまいます。

ストレスという悪影響を軽減するためにも、ウォーキング・ランニングはとても良い方法と言えます。上手にストレスを発散しましょう。 

5)自律神経が安定する

体を動かした後はぐっすり眠れるため、自律神経の安定につながります。自律神経が安定すると、ホルモンバランスも整っていきます。 

6)始めやすい

ウォーキングやランニングに特別な道具は必要ありません。一人で行う運動なので、無理せず自分のペースで始めることができます。時間や場所の選択肢も広く、お金もかかりません。夫婦で一緒に行うと良いコミュニケーションタイムにもなるでしょう。

2. ウォーキング・ランニングをより効果的にする方法

ウォーキング・ランニングをより効果的にする方法に、以下のようなポイントが挙げられます。できる範囲で取り入れてみましょう。 

1)頻度

13040分、週に34回を目安にしましょう。まだ余裕があると思っても、体への負担や疲労の蓄積を考えて程々におさえましょう。 

2)時間帯

朝がオススメです。運動+朝日を浴びることで生体リズムが整えられます。 

3水を飲む

運動する際に習慣化したいことに、「水を飲む」ことがあります。水分の補給はデトックス効果が期待できるため、1日に1.52リットルを目安に飲むようにしましょう。 

4自然を感じる場所で行う

ご近所を散歩するのも良いですが、たまには自然を感じる場所に行ってみましょう。自然の風景を眺めたり、季節を香りで感じたりすることはさらなるストレス発散効果につながります。 

5)腕を振る

大きめに腕を振ることで、足が前に出やすくなります。腕を振る際は後ろに引くような意識を持つと、肩甲骨・背中・骨盤にかけて全身を使った歩きかたができるようになります。

3. ウォーキング・ランニングをする時の注意点

ウォーキング・ランニングをする時の注意点がいくつかあります。少し気をつけながらウォーキング・ランニングを楽しみましょう。 

1やり過ぎ注意

ウォーキング・ランニングをする時にやりすぎてはいけません。不妊症改善を目的とした際に求められる運動は、「激しい運動」ではなく「適度な運動」です。 

2ストレスに感じない

ストレス発散を兼ねている運動でストレスを感じてしまっては元も子もありません。ウォーキング・ランニングで苦痛を感じるのであれば、自分が楽しいと思える他の運動法を探してみましょう。楽しく運動することが一番です。 

3妊娠したら一旦中止

自分のペースでウォーキングやランニングをしてもよいのは、妊娠するまでです。ですが、妊娠したからといって、運動量をゼロにする必要もありません。自分の状態に応じた運動法や運動量を主治医に相談してから行うようにしましょう。 

「妊娠しやすい体つくり」を考えたとき、ウォーキングやランニングはとても良い方法です。母体の状態を良くすることにより、不妊症が改善する事が多くあります。不妊症は、しっかりと治療をすれば良くなる病気です。どうぞあきらめないでください。

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

〒657-0051
庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
※阪急六甲駅徒歩2分

営業時間

午前  9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休業日

水曜日・木曜日

 
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土日も診察しております。
研究・実験により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから